40代のダイエットに必要な事まとめ

40代ダイエット成功女性

40代になると、食べた分だけ確実にお肉になりますよね
いつの間にかお腹周りは戻らなくなり、たるんだお肉は重力に負けたまま

 

 

食事制限ダイエットをしても、若い時に比べると体重は落ちませんし、健康面の危険や、メンタルに影響を及ぼす場合もあります

 

 

ですが、そのまま放置するわけにもいきません
そこで、少しでも若い時のスタイルを取り戻して、健康診断でメタボリックシンドロームと診断されないためにも、押さえておきたい40代のダイエット法とポイントをお伝えします♪


中年太りしてる人と、してない人の違い

もう40代だし、太って当たり前と思ってはいませんか?
周囲をよく見てみて下さい

 

 

同年代、若しくはそれ以上の人で、自分よりも若々しい身体をキープしている人はいます
中年太りする人と、してない人の違いはどのような点にあるのでしょうか?

一日の運動量の違い

中年太りしていない人は、一日の運動量が多いです
ここで言う運動量とはランニングなどのスポーツではなく、一日の中で動く量です

 

朝は早起きし、犬の散歩に行き、朝食を食べ、後片付けをし、出勤、業務、上司や同僚とのコミュニケーションも多く、社内の移動はエレベーターではなく階段を使います
午後は業務を素早くこなし、就業後も同じように家事をこなしたり、ブラブラと買い物を楽しむかもしれませんし、人によっては歩いて帰ったり、ジムやランニングなど、肩凝り予防のための運動も欠かさない
帰宅後は夕食、お風呂掃除をしたり、家族とのコミュニケーションも欠かさず、就寝までバタバタ
明日が早いため寝る時間も早いです

 

このように、日常においての運動量が絶対的に違います

 

運動量が多いという事は、基礎代謝が違ってきます
中年太りしていない人は、寝ている間もエネルギーを燃焼していると言えるでしょう

食生活の違い

40代でもキレイをキープしている方は普段食事は必ず菜食主義であり、少食で済ませています
肉や魚も摂りますが、野菜や果物もバランス良く好みます

 

または腹七分目の食事で満足してしまう人もいます
宴会があったり、付き合いでお酒を飲んだ日は、油ものも多くとっていますので、次の日は軽い食事にして身体をリセットし、内臓を休ませます

 

このように、日常生活において改善していかないと、ダイエットを成功させることは難しいのです
周囲の若々しい人をよく観察して、お手本にしてみてはいかがでしょうか

老化対策も中年太り解消には必須!

若い時からこれまでの生活が現在の姿と言えます
ですが40代に入ると「老化現象」という要因が加わるため、上記に挙げたポイント以外にも老化対策が必要になっています

 

 

厄介な老化現象に打ち勝ち、ダイエットし易い身体作りのポイントを解説していきます

すべての老化の元「酸化」

私たちが生きていく上で、「活性酸素」の生成は避けられないものです
この活性酸素の役割は、強いウイルスなどに打ち勝つことが目的ですが、必要以上に生成されてしまうと自身の細胞を攻撃し始め、これが老化に繋がります

 

 

細胞が衰えていくため、内臓の動きが弱くなり、消化吸収の動きが弱まります
また、筋肉が衰えることになれば、自然と運動量も減るでしょう

 

 

活性酸素を抑えるためには「抗酸化酵素」が必要になります
この抗酸化酵素は食事から取り入れることができます

  1. βカロテン
  2. ニンジン、カボチャ

  3. ビタミンC
  4. レモン、ブロッコリー

  5. ビタミンE
  6. アーモンド

  7. ポリフェノール
  8. 赤ワイン、ブルーベリー

  9. フラボノイド
  10. レタス、春菊、玉ねぎ、大豆、緑茶

など、それぞれの食材をバランス良く摂取し、酸化を遅らせる心掛けが必要となります

「糖化」しない食生活を心掛ける

「糖化」とは、タンパク質と糖分が結ばれ、体内に蓄積されていくことです
糖はエネルギーとして欠かせないものですが、取りすぎてしまうと老化に繋がり、中年太りの原因になります

糖質を摂り過ぎない食事を心掛ける

お菓子は当然ですが、炭水化物も糖質であるため、摂取する量は控え目にしましょう
夕食から白米や白パン、麺類を抜く事も効果的です

 

また、就寝前に食事をしてしまうと、そのまま糖質が体内に蓄積されてしまうため、肥満の原因になります
内臓も疲れてしまい、次の日に影響もでるので、就寝前の食事はやめましょう

おにぎりを冷やして食べると糖化しない?

炭水化物ダイエットの一環として、「おにぎりを冷やして食べると糖分にならない」といった説がありますが、そのようなことはありません

 

炊飯前のお米をβ化でんぷん
炊飯後のお米をα化でんぷんと言います

 

この、β化でんぷんの状態であるお米は、でんぷんが糖に分解されにくいため、消化に時間がかかるため糖化しにくい性質があります

 

α化でんぷんの穀物は、細胞の隙間に酵素が入りやすいため、糖化しやすい性質があります

 

簡単に言うと、火を通す前と通した後の違いです

 

では、冷蔵庫に入れたおにぎりを食べてみましょう
口に入れると冷たいですが、噛むと甘味がでますよね
唾液がいとも簡単に糖質に分解してしまうのです

 

β化された炊飯前のお米を食べることはあり得ないので、この説は意味がないと言う事になります

運動して基礎代謝を上げる

若い時とは違い、食事だけでダイエットは成功しません
健康面に配慮するためにも、運動は欠かせないものとなります
激しい無酸素運動ではなく、ゆったりと長時間続けられる有酸素運動にし、無理なく毎日継続させることが何よりも大切です
ヨガ、ウォーキングなどがオススメです

40代のダイエットまとめ

 

いかがでしたか?
どうしても年齢を考えたダイエット法が必要になりますが、あれをして、これをして、となると忙しい40代には限界があります
まずは生活習慣の改善から心掛けて、それから、運動、食事、といろいろな事に挑戦してみるといいのかも知れませんね