置き換えダイエットとリバウンドについて※きれい痩せをキープする方法

 

『一食置き換えダイエットってリバウンドしやすいんじゃないの?』
『食事制限中心のダイエットはすぐに太りそう…』

 

昔、食事制限をしてリバウンドしたり、肌荒れや胸痩せを経験し一食置き換えダイエットに躊躇している方はいらっしゃると思います
実際のところ置き換えダイエットなどの食事制限はリバウンドしやすいのでしょうか?

 

リサーチしてみました^^


一食置き換えダイエットがリバウンドしやすいと言われるワケとは?

ダイエットする際の基本は2つ【食事制限】と【エクササイズ】ですよね

 

なぜ、一食置き換えダイエットがリバウンドしやすいのかと言うと短期間で痩せる事が出来るから
食事制限とエクササイズでの減量スピードを比較した際に効率が良いのは確実に食事制限です

 

もちろん、同時に両方をやろうとされている方はいらっしゃると思いますが、どちらを重点的に行うのかと考えると食事制限が圧倒的に短期間で痩せる事が出来ます

 

例えば400kaclを消費しようとすると
食事制限であればコンビニのおにぎり2個分程度
エクササイズであればウォーキングを2時間程度(体重が50s程度の方の場合)

となります

 

体脂肪を1s減らすのに必要な消費カロリーは7,200kcal必要になってきますので36日間その食生活、または運動習慣を継続すれば1s減らすことが出来ると言うわけです
ちょっと想像してもウォーキングを毎日2時間×36日行う方が難しい事だと分かると思います
毎日暇であれば大丈夫ですが、仕事や学校に通っている方でそこまで頑張れる方は少ないと思います

 

『じゃあ、食事制限とエクササイズを半分ずつにすれば?』
と言う考えで食事制限とエクササイズをバランスよくされようとする方がいらっしゃいますが、それも実はあまりいい方法ではありません

 

あくまで、減量を目的とするのであればですが、普段運動されない方にとって毎日のエクササイズはストレスがかかる場合がほとんど
スポーツなどの趣味を見つける事が出来れば別ですが、ダイエットの為のエクササイズは単調です
『今日は頑張ったし、ちょっとくらい食べても…大丈夫だよね…』
と言う考えに至った方もいらっしゃると思います(私も経験がありますが 笑)
つまり、中途半端に運動すると余計に食べ過ぎてしまう可能性が高いんです

 

そうすると食事制限を集中的に行う方が減量する際には非常に効果的なワケなんです
実際にダイエットやボディメイキングの方法をモデルさんなどに指導されている森拓郎さん(著書に【1:9ダイエット】や【食事制限10割で痩せる】など)の本を見ても同じような事が書かれています

なぜ、食事制限中心のダイエットはリバウンドしやすいのか?

置き換えダイエットの様な食事制限中心のダイエットはなぜリバウンドしやすいのか?
と言う話ですが、単純な事で【痩せたらダイエットが終わり】と思っているからです

 

まず、リバウンドすると言う事は減量できていると言う事です
エクササイズ中心のダイエットよりも減量しやすいのは事実です

 

置き換えダイエットなどは手軽に痩せる事が出来るので
『また、太っても置き換えすればいいや』
と言う意識で気が緩む方が多いんです

 

例えば、自分でコツコツ稼いだお金は散在しにくいですが、臨時収入で入ったお金はついつい無駄遣いしてしまったりしますよね
ちょっと例えが悪いかもですが(笑)ダイエットも手軽に痩せてしまうと逆にリバウンドしやすくなります

 

逆にコツコツ運動を重ねて筋肉を付けて痩せた方は長い間の時間をかけて習慣を作っていますので、リバウンドはしにくい物です
長期間かけてダイエットをするメリットは習慣づけられる事にあります

減量を中心に考える痩せ方と痩せた後の体型維持は別

痩せて気が緩むのは誰にでもある事でその際に自分へのご褒美も必要だと思いますが、ダイエットを始める際の目的を体重だけにおかない事が大切
痩せた後の体重を1年以上キープする事を考えて臨みましょう♪

 

短期間で痩せたい場合は食事制限が有効ですが、その後その体重を維持するイメージを持つだけでリバウンドはかなり減らすことが出来ます

 

つまり、理想的で効率が良いダイエットの手順は

食事制限を中心にしてまずはしっかり減量する
  ↓↓↓
目標の体重をクリアしたら、徐々に食事制限量を減らして手軽に行うことが出来るエクササイズも取り入れていく

簡単に言うとこの流れだとリバウンドは起きにくいです

 

エクササイズは減量の為に行うのではなく、太らない為や太りにくい体質を作るために時間をかけて行う事が重要です
ながら運動やちょっとした筋トレなどとにかく習慣にできるレベルから始めるのがエクササイズの基本です
減量の為となるとどうしても消費カロリーが気になってしまうので無理な運動をしてしまい、継続する事が難しくなります

 

また、時には食べ過ぎてしまうこともあると思いますが、そんな時の為にスムージーダイエットシェイクなどの長期保存が出来る粉末タイプをストックしておくことがおすすめ
リカバリーダイエットとも言いますが、食べ過ぎたと感じたら翌日に取り返すことも習慣にするとリバウンドは防ぐことが出来ます

 

つまり、ダイエットの成功と言うのは太らない習慣を身に付ける事です
その辺まで考えてダイエットに臨めばリバウンドは確実に防止できると思います^^

 

痩せて、リバウンドしての繰り返しは基礎代謝の低下を引き起こしますし、加齢によっても基礎代謝は低下します
置き換えダイエットがリバウンドしやすいのではなくて間違った計画や考え方がリバウンドを引き起こしている事に気付く事が肝心です♪

一食置き換えダイエットがリバウンドしやすいのではなくて考え方や意識を変えないとどんな方法をとっても同じこと

 

短期間で結果を出したい人にとっては低カロリーで栄養バッチリな置き換えダイエット食品は効果的
痩せた後に軽めのエクササイズとリカバリーダイエット用の食品があるとリバウンドは防止できる

 

長い時間をかけてダイエットする余裕がある方は運動を中心にする事がお勧め
また、長期間のダイエットは習慣になりやすいためリバウンドしにくい

と言うのが置き換えダイエットとリバウンドについてのまとめです
細かく上げると飢餓状態や栄養面での話もありますが、基本的にはこれです^^

生活習慣を変えて太りにくい体質に変える4つのポイント

生活習慣ダイエット

リバウンドを防止し、太りにくい体質を作る為には何気ない生活習慣の変更も大切です
特におすすめのダイエットのコツを4つピックアップしました♪

朝活のオススメ

まず、朝早く起きる事はダイエットの基本
嘘と思われるかもしれませんが、それだけで痩せる人がいるくらいです

 

 

一時的に流行しました「朝活」ですが、実は最もダイエットに影響するものだとご存知でしたか?
朝活とは字のとおり、「朝活発に活動する事」です

 

 

朝早く起きて、通勤中一駅手前で降りて、歩いて会社まで行くのも良いでしょう
朝ジョギングやウォーキングするのも良いでしょう
朝から凝った料理を作り、お弁当に詰め込むのも良いでしょう

 

 

朝はダイエットのゴールデンタイムと呼ばれていますがその理由は【食事誘導性熱産生】が高いためです

食事誘導性熱産生(DIT)とは?

摂食後に起こる代謝の活発化をいう
食物をとると、体内で栄養素が分解、一部が熱として消費され代謝量が増える
食事誘発性熱産生は1日の消費エネルギーの約1割とされる
DIT(diet induced thermogenesis)
→基礎代謝
(コトバンクより引用)

朝ごはんを沢山食べても太らないと言われる理由をはDITのためです

 

 

ですが、いくら代謝が良くなっても摂取カロリーはカロリーですから、朝ご飯にチョコレートケーキを山程食べてしまうと太ります(笑)
ダイエットのゴールデンタイムとは、いつもどおりの食事で代謝が良くなり、朝からバリバリ活発に動けますよ、という意味ですね

 

 

元気がある分消費カロリーも上がりますから、習慣にして毎日続ければ、気付くと痩せています
あなたの身近で細身な人を見てみて下さい
朝から活発に動いている人が多くありませんか?

自炊する(野菜をたくさんとる)

皆さんは、【新型栄養失調】をご存知ですか?

 

 

昨日食べたものを思い出すと、朝はトーストとコーヒー、昼はコンビニ弁当、夜は女子会で居酒屋…
これでは炭水化物と脂肪・糖分だけで、肝心の栄養素を1つも摂取できていません
このように、カロリーは足りているのに、タンパク質・ビタミン・ミネラルが不足していて、疲れやすい・痩せにくいの症状があった場合は新型栄養失調の危険があります

 

 

こちらを改善するには、一日三食野菜を食べる習慣を身につけるしかありません
厚生省では、一日350gの野菜の摂取をオススメしています
コンビニや外食では350gのノルマは達成できませんので、自分で調理する他ないのです

 

 

『毎食自炊するなんて面倒臭い…』
この考えからは卒業しましょう
考え方を代えないと生活習慣は変わりません

 

 

栄養失調を改善して、活発に動ける体作りを目指しましょう
野菜をたくさん食べた後に、好きなものをたくさん食べようにすると、満足度が違うので自然と量も落ちます
また、どうしても忙しい時などの為に上記に挙げた様な健康商品を活用する事は現代人の食生活を守る一つの手と言う事も覚えておきたいですね♪

姿勢を正しくする

姿勢が悪いと、コルチゾールという物質が分泌されるのですが、コルチゾールとは、代謝に関わるホルモンのため人体には欠かせないものですが、ストレスにより大量に分泌されると、セロトニンが抑制され、食欲が抑えられなくなります

 

 

つまり、太りやすい身体に繋がるのです

 

 

姿勢が悪いと身体を支えている筋肉もサボっているわけですから、消費カロリーも当然落ちます
正しく美しい姿勢を習慣づけるだけで、消費カロリーも増え、食欲も平常に戻るわけですね

 

 

また、コルチゾールが多いと、気分が落ちてしまったり、不眠症になったり、眠れても成長ホルモンが分泌されなくなり、疲れやすい身体になったり、代謝が悪くなる恐れもあります
毎日元気に過ごす為には体力も必要です
基本となる姿勢は正しくしましょう

良質な睡眠をとる

スッキリ、よく眠れたなと思う朝に体重を測ってみて下さい
恐らく前日より数値が減っています

 

 

良質な睡眠はダイエットに効果的です

 

 

睡眠時間が短かったり、夜遅くまでネットをしていたり、遅い時間に食事を摂ったり、眠りが浅く夜中に目覚めてしまったり
現代人の眠りは良質とは言えません

 

 

私たちの身体には、眠り始めの3時間後に成長ホルモンが分泌されます
この成長ホルモンとは、大人になっても分泌されるもので、基礎代謝を上げたり、脂肪を分解する作用があります
成長ホルモンは、眠りが深ければ深い程多く分泌されますので、よく眠れた朝に元気が出るのはこのためです

 

 

また、人間は黙っているだけでも、呼吸をしていたり、内臓が機能していますので、寝ているだけでもカロリーは消費されます
基礎代謝が高い人とそうではない人の数値の差は、寝ている間にも出ているのです

 

 

良質な睡眠を取ることで、2つの要因で基礎代謝を上げることに繋がります
そして、この記事の最初に紹介した「朝早く起きる」事にも繋がるのです

 

当たり前の事ですが、規則正しい生活や食生活を送っていると必要以上に太る事はありません
栄養不足や現代特有の生活習慣によって肥満に繋がっています

 

 

減量後のリバウンドは体重を落とす事を考えるのではなく、そのあたりを真剣に考える事が大切なんです^^