豆乳ダイエットは本当に効果的なダイエット?デメリットは?

 

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを多く含む豆乳は特に女性の健康や美容の為に効果的な食品です
それだけでなく、豆乳を取り入れる事でダイエットにも効果的とここ最近の豆乳、豆乳製品の人気が高まっています

 

 

ただ、ダイエットに効果的と言っても取り入れ方を間違うと痩せないばかりか余計に太ってしまう事もありますので注意が必要
そこで、豆乳を使ったダイエットのやり方と効果、デメリットについてまとめてみました♪


豆乳のダイエット効果と豆乳ダイエットのやり方とは?

 

豆乳ダイエットと言うと大げさな感じがしますが、実際豆乳ダイエットと言うのは毎日の食生活の改善の為に豆乳を取り入れるだけと言うのがほとんど
中には豆乳で1日1食程度の置き換えを行う方もいるようですが、豆乳のみだと不足する栄養素を他の食事で補う必要がりますので置き換えと言うよりも食前に豆乳を飲んで食べ過ぎを防いだり、不足しやすい栄養素を補う事でダイエット効果があると言った方法です
豆乳には脂肪の吸収を抑制する効果も期待できる為、食前に飲むのが効果的です
また、ホルモンバランスが乱れやすい生理前1週間程度から生理までが特にダイエット効果が期待できますので時期なども考えるとより効果的です

 

 

ただ、1ヶ月などの短期間で結果を出したい!と言う方よりも食生活を改善して太りにくい体質に変えたい!と言う方向けのダイエットになります
ダイエットは健康的な食生活の事をさしていますので理想的な食生活に近づける為に豆乳の力を借りると言ったイメージでしょうか

豆乳に含まれている栄養素

豆乳とはゆでた大豆をすりつぶした時にできる液体の事で豆乳ににがりを加えると豆腐になります
大豆は昔から畑のお肉と呼ばれるほど栄養価の高い食品として日本人に親しまれてきました
豆乳に含まれる栄養素はタンパク質、大豆イソフラボン、ビタミンE、K、B1、2、葉酸などのビタミン類、カリウム、カルシウム、リン、鉄、銅、セレンなどのミネラルなどが多く含まれています
他にもコレステロール値をコントロールし抗酸化作用が期待できる大豆サポニン、大豆レシチンや体内で生成できない必須脂肪酸であるリノール酸や整腸作用が期待できるオリゴ糖なども含まれており女性に嬉しい栄養素や成分がたっぷり入っています
特に大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと体内で似た働きをする事が分かっており、骨の強化、自律神経を整える、肌の新陳代謝を促進する、ホルモンバランスを整えるなどの効果が期待できます

この様に豆乳には特に女性に嬉しい栄養素が非常に多く含まれていますので毎日の食生活に取り入れる事でキレイ痩せが期待できると言うわけです

豆乳ダイエットのデメリットとは?

豆乳ダイエットは毎日の食生活に豆乳を取り入れる事で食生活の改善を図り、長期的に見てダイエットを効果を期待するものです
無理な食事制限や運動などではありませんので際立ったデメリットはありませんが、それでも豆乳ダイエットを失敗する人は少なくありません
ただ、失敗した方にはいくつかの共通点があるようです

豆乳に依存して食べ過ぎた

どんなダイエットでも同じですが、ダイエット方法に依存してしまうとダイエットを止めるとリバウンドしてしまったり、痩せる事が出来ずに失敗に終わる可能性が高くなります
豆乳を飲んでいるからと言う考え方でダイエットを始めると取り入れているだけで満足してしまって本来の食生活がおろそかになる場合があります
また、豆乳は栄養バランスが良い食品ですが、ミネラル、ビタミン、食物繊維など1日分の栄養素がいっぱいで補えるわけではありません
豆乳は毎日の食生活のサポート役と考えて他にも足りない栄養素は当然補う必要があり、カロリーオーバーにも気を遣う必要があります

豆乳を飲み過ぎた

豆乳はヘルシーなイメージが強い食品ですが、カロリーはそこまで低くありません
無調整豆乳だと200mlあたりのカロリーは100kcal前後ありますので毎食前に豆乳を飲むと1日300kcalのカロリーを摂取する事になります
豆乳がヘルシーだからと言っても普段の食事プラス豆乳をたくさん飲んでしまうと余計にカロリーを摂取してしまう可能性があります

アレンジ方法を知らずに味が苦手で継続できなかった

豆乳ダイエットで使用する豆乳で最もおすすめなのがそのままの状態である無調整豆乳です
調整豆乳やフレーバー付きの豆乳には糖質などが多く配合されていてカロリーも多くなっている場合があります
また、他の成分を配合する事によって豆乳に本来配合されている栄養や成分が薄まってしまう可能性もあります
ただ、無調整豆乳はクセがあり、飲みにくいと感じる方も少なくありません
豆乳ダイエットを継続する為にはアレンジ方法をいくつか知っておくとストレスなく継続できます
コーヒー、バナナを混ぜてミキサーにかける、きなこ、はちみつ、紅茶など豆乳と相性の良い食品は多く自分にあったアレンジ方法を持っておくと継続しやすくなります

短期間での減量を期待しすぎた

何度もお伝えしたように豆乳ダイエットは毎日の食生活改善の手助けになる方法ですので短期間でダイエット結果を求める方はイメージとのずれがあると思います
豆乳ダイエットで1ヶ月で○s痩せた!と言う触れ込みを見て始めると思ったより痩せない…と諦めてしまう方が多くいます
それは当然の事で豆乳を取り入れても普段の食事を制限していなければ今ある体重が勝手に落ちる事はありません
そのイメージのズレを持っていると痩せない事自体がストレスになる事もありますので注意しましょう
豆乳ダイエットがお勧めな方は【ある程度目標体重に近づい方のリバウンド防止の為】や【食生活を根本的に改善したい方】などです

豆乳ダイエットでより短期間で減量する為には

豆乳ダイエットは長期間かけて痩せる方法だとお伝えしましたが、短期間で結果を出せないわけではありません
ただ、その為には豆乳だけでは十分でない栄養素を補うアレンジが重要且つ置き換えダイエットをする必要があります

 

 

最もおすすめはグリーンスムージーを豆乳で割ると言う事
グリーンスムージーには豆乳に不足している食物繊維、ビタミン、ミネラル類が非常に豊富に含まれている上にカロリーは低いです
逆にグリーンスムージーには豆乳に豊富に含まれているタンパク質などが不足していますのでこの2つの組み合わせは非常に良いんです

 

 

更に短期間で結果を出す為に食事制限は避けては通れません
今の食生活がカロリーオーバーであればカロリーをカットするのは当たり前の話、ただ栄養バランスはアップさせなければいけません
そんな時にグリーンスムージー+豆乳での置き換えダイエットがベストな方法になると言うわけです

 

 

グリーンスムージーは青汁の様に粉末タイプで味も美味しい物が販売されています
粉末タイプであれば忙しい時でもサッと作れますし持ち運びにも便利です♪

 

 

『豆乳は取り入れたいけど、ある程度早くダイエット結果が欲しい…』
というわがままな(笑)方にはグリーンスムージーと豆乳のアレンジで置き換えダイエットがお勧めです♪